早わかり縁の道~山陰
特集ライブラリー
モデルコース
見る・遊ぶ・買う
グルメ・お土産
イベント
旅の予約
マップアクセス

山陰の魅力と日本の郷土芸能文化「米子がいな祭り」

タグ:

2017年07月25日 公開

 

日本では毎年7月~8月に日本の伝統な夏祭りと花火大会を開催します。

今年は7月29,30日を開催致します。

全国各地域の郷土文化特徴によって祭りの楽しむこと、見所も違います。山陰地域ではとても人気が高いの祭りいえば、鳥取市「シャンシャン祭り」、松江市の「水郷祭」、米子市「がいな祭り」「がいな」とは、当地の方言で「大きい」の意味です。今回「米子がいな祭り」の楽しむことを見てみましょう!

 

 

道路沿いの屋台でとても人気ありかき氷、たこ焼、唐揚げ、ポテト、焼きそばなど食べものがいっぱいあります。日本人は歩きながら食べる風景は普段なかなか見えないことです。

 

 

 

米子がいな祭りで一つ見所、「米子がいな万灯」米子がいな祭を活性化する目的とともに米子の郷土地域の伝郷土統芸能とし毎年米子がいな祭に参加している。この道は米子駅前通りです。通常に交通がとても活溌の道路です。がいな祭りのときだけで、車がない町になり、と普段とまるで別の世界です。とても不思議だと思う。

 

がいな祭り前夜の練習の様子。とても立派な場面でしょう?

参賀者は全てプーロではない、興味がある人参加できます。

 

 

米子がいな祭りで二つ目見所は和太鼓の演奏です。名太鼓共演」の和太鼓晴

和太鼓「米子がいな祭」が誕生してから、その中のイベントの一つであった「全国有名太鼓共演」の和太鼓の素晴しさに魅せられた若者が中心となり、米子にも郷土芸能と呼ばれる素晴しい太鼓を創ろうという気運が高まっているです。

湊山公園のステージで演奏の様子です。

 

 

三つ目の見所は、一年一度の花火大会、湊山公園の近く中海の回りに米子の夜空を大きな花火が彩る花火の祭典は毎年多くの観客を来ています。大体終わり頃一番素晴らしい、また来年も楽しんでいます。

外国の方は、旅行を考える方が ぜひこの季節にご検討して見ましょう!

 

関連記事

pagetop